大会長挨拶

 

第19回チーム医療・地域リハビリテーション研修会 広島大会 
大会長 山崎正数 

 

 

 第19回日精診チーム医療・地域リハビリテーション研修会は平成31210日に広島市で開催されます。テーマは「今日から始まる新しい地域医療の潮流 ~じゃけえ広島、きんさい広島~」です。

 昨今の医療界のキャッチフレーズは「多職種協働」「地域包括ケア」「在宅」ではないでしょうか。2025年に向けて医療界は大きく在宅へシフトしようとしています。私たちの精神医療でもますますの退院促進が行われようとしています。地域包括ケアが言われる以前から私たちの患者さんは地域で暮らすことが当たり前になっています。その人達の生活はまさに多職種協働で支えています。このように精神医療の世界では地域包括ケアといわれる前から地域に根ざした多職種による在宅医療が行われてきました。

 しかし、いつまでも経験に胡坐をかいていてはいけません。私たちは常に知識のリニューアルが必要です。今回の研修会では特別講演、教育講演、シンポジウム、分科会と欲張りなほど盛りだくさんの内容です。

 

 たる来年2

 私たちにできないことはありませ

 い近の話題と

 ろいろな分野は

 ろしまから始まる

 ん議がつきない

 ンポジウム

 っています皆さんを、きんさい広島!

 

 皆様チーム医療・地域リハビリテーションの新しい潮流を学ぼうではありませんか。広島は皆様をお待ちしています。

 

 Welcome!